「歩きながら撮りながら写真のこと語ろう会」第二回 鎌倉紅葉編 募集開始です。

「歩きながら撮りながら写真のこと語ろう会」第二回 鎌倉紅葉編 募集開始です。
 
FBでは既に告知済みですが、写真家戸澤裕司の活動というページが作成されていますが、これからゼミなどワークショップの案内をさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
https://www.facebook.com/events/331587483883468/
 
さて以下第二回目となるWSです。
 
 
日時:2016年11月20日(日) 13:00より
場所:北鎌倉駅
受講料:5,000円※今回のコース紅葉狩りといえば鎌倉!
かつて私が講談社の仕事で作家五木寛之氏と百箇所のお寺を巡る旅をした「五木寛之の百寺巡礼」、その写真集の中でも印象に残ったお寺が鎌倉の円覚寺や建長寺、高徳院です。
いつか紅葉のベストシーズンにまた伺いたいと思っていました。
今回そんな五木寛之氏と巡った場所を再訪し、紅葉のベストシーズンに皆さんと紅葉狩りと鎌倉散策を楽しもうと思います。

まずは都心からたった小一時間で別世界のような簡素で静寂な小さな駅、北鎌倉駅で集合です。
駅すぐ隣の踏切を越えるともうそこは円覚寺です。
お寺の中に踏切があるなんとも愛らしい入り口です。
境内は見事な紅葉の木々が随所に茂り、広い伽藍では紅葉の撮影もきっと満足できるのではないかと思います。
時間が許せばその先の建長寺まで足を運んでみてもいいかもしれません。

北鎌倉から鎌倉へ移動し、江ノ電の小さな旅を楽しんですぐ、長谷で降りると鎌倉で一番鎌倉らしい街並みと甘味どころや土産物屋が並ぶ街道沿いに紅葉では一番、また高台からは鎌倉の街並みと湘南の海までが遠望できるテラスのある長谷寺があります。ここで高低差を利用した庭園と行き届いた管理の紅葉に感嘆すると思います。
ここでも時間があればその先すぐに鎌倉の大仏様の鎮座する高徳院がありますので機会があればそちらにも。
最後はまた江ノ電に乗って鎌倉駅で降ります。
左手に鎌倉八幡宮を見て参道を突っ切ると奥には隠れた紅葉の名所、妙本寺があります。
少し奥まっているおかげで観光客もさほど多くなくゆっくりと紅葉を楽しめます。
山門前の魚屋の親父さんがいい味出しています(笑)
以上で夕方17寺過ぎには陽も暮れますので講評会の会場、横浜ランドマークに向かいます。

紅葉の撮影は皆さん意外と難しいと思っていませんか?
コツは透過光で見る、です。つまり葉っぱを逆光で見て透かして見るんですね。
その時に背景は明るい葉っぱが目立つように暗いものを背景にするよう自分が動くことです。
この透過光撮影の方法と背景の処理で紅葉はぐっと見栄えが良くなります。
都心から一時間ちょっとで出会える自然の景色に心もリフレッシュしてみませんか?

※講評&懇親会

講評の場に移動して皆さんの作品を観てどうしたらもっと見栄えが良くなるか、構図や撮影者の意図をもっとわかりやすく伝える事、光の読み方など様々なアドバイスを行います。

場所はワークスペース BUKATSUDO というスペースです。
http://bukatsu-do.jp/
18寺半から1時間程、講評会で皆さんと作品について討論しましょう。

講評終了後は任意で懇親会になります。(各自実費負担)
自己紹介など楽しい仲間作り、1日の出来事を振り返って皆で楽しく語らいましょう。

場所は「世界のビール博物館」です。

お申込方法
※イベントページより応募の場合
参加ボタンを押していただき、メッセージをいただけますようお願いいたします。

※emailで応募の場合
下記メールアドレスまで参加希望としてお送りください。
higashi.enishi.e.0320@gmail.com

どちらの場合も追ってご連絡差し上げます。

 
 14953002_337622239946659_2678355319616176128_n
This entry was posted in 写真展, 日々の雑記.